名古屋市を中心に小牧市、豊川市など愛知県に複数店舗を展開。
最短9分~で修理可能!予約いらずの即日対応。iPhone修理はあいくるへ!

電話問い合わせ・店舗一覧

お役立ち情報

画面が割れたままのiPhoneを使用するのは危険です!!

iPhoneが発売される度にガラスの強度はスペック上では上がっていますが、
落として割れてしまう確率というのはあまり変化はございません。最近はiPhoneをはじめとしたスマートフォンのデザインが、本体ギリギリの部分まで画面があるものが増えて、それだけ画面の占める部分が多い為に本体に受けた衝撃がダイレクトに画面のガラス部分まで伝わり割れてしまうことが多いです。

画面が割れたままiPhoneを使い続けていると、故障に繋がるリスクがあることをあなたはご存じでしょうか?
私も一度画面割れは経験したことがあります。その経験を踏まえて今回は、iPhoneの画面が割れたまま使い続けると起こり得る3つのデメリットをまとめました。「別に使えるし直さなくてもよくない?」と思っている方は要チェック!

1.液晶画面が映らなくなり操作不能になる。

iPhoneの画面には映像を映し出す液晶や指の動作を感知するデジタイザーという部品が組み込まれています。
画面が割れたまま使い続けているとこれらの部分にもダメージがいき画面が一切映らなくなることがあります。
こうなってしまうと一切操作ができないため大切なデータのバックアップもとれなくなってしまいます。またタッチパネルが誤動作をおこし勝手に電話をかけてしまったり、勝手にパスコードの誤入力を何度もおこしiPhoneにロックがかかってしまいます。
こうなってしまうとデータの取り出しは非常に難しく、iPhoneを初期化しなければなりません。

Macro photo of an cell phone with broken display screen isolated on white
Macro photo of an cell phone with broken display screen isolated on white

2.ガラスが剥がれてきて内部パーツが露出する

画面割れの度合いがひどい場合、表面のガラスが剥がれてきます。
こうなってくると内部のパーツが露出することもあり更なる故障につながります。
また、水が浸入しやすくなっているためちょっとしたことで水没してしまします。
画面が割れただけなのに内部にまでダメージが行ってしまい動かなくなってしまうなんてことも。さらに、ガラス片が内部に侵入しバッテリーに刺さり、膨張や起動不良、最悪発火の原因にもなります。こうなってしまってはiPhoneだけではなく自分自身もケガをしてしまいます。
ガラス割れを放置してしまうことによって様々な故障の原因に繋がってしまいますが、これらの不具合には早期の修理で対応する事が出来ます。

 

broken mobile smartphone isolated on white background
broken mobile smartphone isolated on white background

3.ガラスの破片でケガをする。

割れた画面をタップしたり、スライドさせると指を切る可能性があります。
私たちも修理の際にガラス破片が刺さってしまうことがありますが非常に痛いです。また、iPhoneのガラスは割れてしまうと、とても細かくなります。
その細かい破片が指先や衣服に付着し気づかないうちに口の中に入ってしまうかもしれません。
寝ながらiPhoneをいじっていて粉末状のガラスが目の中に入ってしまうなんてことも。
小さなお子さんや、赤ちゃんがいればより気を付けなくてはいけません。割れたiPhoneを放置することにより予期せぬ大惨事にも繋がりかねません。

4.恥ずかしい。。。

壊れたままのiPhoneを利用していると、人前でiPhoneを出すのが少し恥ずかしくなります。故障したまま利用をしているのは、ガサツに見られるのではないか、修理代をケチる人と思われるのではないかなど考え始めると、電車や外出先での利用がしにくくなる人もいます。また、人にiPhoneで保存した写真を見せる機会があっても、画面が割れていると見にくいため、人に見せるというような利用頻度も少なくなってしまいます。

ガラス割れを放置してしまうことにより上記の様な二次被害が起こってきます。
割れたiPhone、いつかは修理しなければいけません。
そのため、修理するならば早めの修理をお勧め致します。

 

電話問い合わせ・店舗一覧

電話問い合わせ・店舗一覧

ページトップへ