名古屋市を中心に小牧市、豊川市など愛知県に複数店舗を展開。
最短9分~で修理可能!予約いらずの即日対応。iPhone修理はあいくるへ!

電話問い合わせ・店舗一覧

お役立ち情報

iTunesでのバックアップ方法

iPhoneをiTunesでバックアップする方法をご紹介します。
※iPhone修理サポート あいくるでは、修理をご依頼頂く前にデータのバックアップをお勧めしております。

事前確認

パソコンの設定によっては、iPhone、 iPad をパソコンに接続すると同時に iTunes が起動します。
その際、iTunes の「自動同期」の設定が有効になっていると iPhone、 iPad との同期が自動的に開始し、データが消えたり重複する可能性があります。
iPhone、 iPad とパソコンを接続する前に、「自動同期」の設定が停止になっているかを必ず確認してください。

①iPhoneをバックアップする

画面左上にある、iPhoneのボタンをクリックします。
itunesバックアップ1

画面左側の【概要】をクリックします。

itunesバックアップ2

画面の右側を下にスクロールし、バックアップ欄にある【このコンピュータ】を選択。
itunesバックアップ3

右側にある【今すぐバックアップ】をクリックしましょう。
itunesバックアップ4

バックアップが始まると、ウィンドウ上に進行状況が表示されます。

②バックアップデータを暗号化する。

暗号化することで、以下のデータもバックアップできるようになります。
iPhoneに保存したパスワード
Wi-Fiの設定
ウェブサイトの履歴
ヘルスケアに関するデータ

バックアップを暗号化する方法
バックアップする前に【iPhoneのバックアップを暗号化】にチェックを入れます。
itunesバックアップ5
暗号化のためのパスワードを設定します。このパスワードを忘れるとバックアップからiPhoneにデータを復元できなくなるので、注意しましょう。
itunesバックアップ6
パスワードを設定するとiPhoneのバックアップが始まります。

電話問い合わせ・店舗一覧

電話問い合わせ・店舗一覧

ページトップへ