名古屋市を中心に小牧市、豊川市など愛知県に複数店舗を展開。
最短9分~で修理可能!予約いらずの即日対応。iPhone修理はあいくるへ!

電話問い合わせ・店舗一覧

お役立ち情報

iTunesでのバックアップ方法

写真や動画、ウェブサイトのお気に入り、アプリのセーブデータなど、iPhoneにはたくさんのデータが入っています。
しかし故障や紛失、データを間違って消してしまったなど、不測の事態が起きてしまった場合、データも一緒に失われてしまいます。
しかし、バックアップを取っていれば安心です。簡単にデータを復元できます。
機種変更する際にもバックアップを取っておけば、新しい機種へのデータ移行が行えます。

iPhoneのバックアップには2つの方法があります。
①iCloudを利用したネット上にバックアップする方法
②パソコン上にiTunesを使用しバックアップする方法

今回は②のiPhoneをiTunesでバックアップする方法をご紹介します。
※iPhone修理サポート あいくるでは、修理をご依頼頂く前にデータのバックアップをお勧めしております。

「iTunes」と「iCloud」のバックアップの違い

iPhoneなどのデータを保存する場合は「iCloud」または「iTunes」を利用しますが、それぞれバックアップの方法や、そのバックアップ内容が異なります。

icloud iTune
バックアップの保存先 クラウドに保存 Mac、Windowsのパソコン
バックアップできる容量 最大1TB(5GBは無料) パソコンの空き容量
バックアップ方法 Wi-Fiを使用できればどこでも パソコンを使用
データの暗号化 常に暗号化 あり、なしを選択可能

特徴として、「iCloud」はWi-Fiが使える環境であればどこでもバックアップできること、
「iTunes」はMacまたはWindowsパソコンが利用できる環境であればバックアップできることが挙げられます。

バックアップ出来る物
iTunesバックアップでは、端末のほぼすべてのデータと設定情報がバックアップ可能です。

・カメラロールの写真と動画
・連絡先
・カレンダー、Safari、マップ、メモ、メールアカウント、通話履歴、メッセージ、ボイスメモなどのAppデータ
・ネットワーク設定
・iTunes StoreやApp Storeから入手したもの、iBooksに直接ダウンロードしたPDF ※1
・アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ ※2
・App Storeで購入したAppデータ
・Appの設定、環境設定、書類などのデータ
・App内で購入したもの
・ホーム画面とAppの配置
など

※1…iTunesで「購入した項目を転送」を使うとバックアップ可能です。
※2…iTunesでバックアップを暗号化すればバックアップ可能

注意するのは、別の種類のデバイスのバックアップから復元する場合は、「写真」「メッセージ、メッセージに添付したファイル」
「ボイスメモ」「設定しようとしているデバイスと互換性のないアプリ」は転送されません。

バックアップの暗号化に関して
iTunesのバックアップでは「バックアップの暗号化」があり、なしを選択することが出来ます。
バックアップの暗号化は通常のバックアップとは違い、「保存したパスワード」「Wi-Fi設定」「ウェブサイトの履歴」「ヘルスケアデータ」もバックアップできます。
そのほか、メッセージアプリ「LINE」のトーク履歴なども引き継げるようになります。

「バックアップの暗号化」を行うにはバックアップデータから復元する際に専用のパスワードが必要となります。
この専用のパスワードは、暗号化の解除にも利用します。

このパスワードを忘れてしまうと、バックアップを復元できなくなってしまうほか、
iPhoneのデータを消去して新しいデバイスとして設定するしか、バックアップの暗号化を解除する方法がないため、注意が必要です。
もし暗号化されたバックアップをとったあと、バックアップのパスワードを忘れてしまった際、iPhoneのデータの消去をしたくない場合は、
回避策としてiCloudバックアップでバックアップを作成・復元しましょう。

バックアップが失敗する場合
・パソコンの容量が足りない
バックアップやバックアップからの復元が失敗する場合、パソコンのCドライブの空き容量が足りなくなっている可能性が非常に高いです。
その場合は、Cドライブの空き容量を増やすか、iTunesのバックアップ先を別の場所に変更する必要があります。

・バックアップファイルが壊れている
「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、 iPhoneのバックアップを作成できませんでした。このiPhoneのバックアップを削除してからやり直してください。」
というエラーが表示された場合、過去にバックアップしたファイルが何らかの理由で壊れてしまっている可能性があります。
以前作成したバックアップファイルを削除すると治るかもしれません。

事前確認

パソコンの設定によっては、iPhone、 iPad をパソコンに接続すると同時に iTunes が起動します。
その際、iTunes の「自動同期」の設定が有効になっていると iPhone、 iPad との同期が自動的に開始し、データが消えたり重複する可能性があります。
iPhone、 iPad とパソコンを接続する前に、「自動同期」の設定が停止になっているかを必ず確認してください。

①iPhoneをバックアップする

画面左上にある、iPhoneのボタンをクリックします。
itunesバックアップ1

画面左側の【概要】をクリックします。
itunesバックアップ2

画面の右側を下にスクロールし、バックアップ欄にある【このコンピュータ】を選択。
itunesバックアップ3

右側にある【今すぐバックアップ】をクリックしましょう。
itunesバックアップ4

バックアップが始まると、ウィンドウ上に進行状況が表示されます。

②バックアップデータを暗号化する。

暗号化することで、以下のデータもバックアップできるようになります。
・iPhoneに保存したパスワード
・Wi-Fiの設定
・ウェブサイトの履歴
・ヘルスケアに関するデータ

バックアップを暗号化する方法
バックアップする前に【iPhoneのバックアップを暗号化】にチェックを入れます。
itunesバックアップ5
暗号化のためのパスワードを設定します。このパスワードを忘れるとバックアップからiPhoneにデータを復元できなくなるので、注意しましょう。
itunesバックアップ6
パスワードを設定するとiPhoneのバックアップが始まります。

バックアップすることは、万が一の事態への備えにもなります。
新しいiPhoneに乗り換えるときのデータ移行にも便利です。
よく、水没されたお客様がバックアップをしておらず、なくなくデータをあきらめるなんてこともあります。
日頃からバックアップをとる習慣をつけておきましょう。

電話問い合わせ・店舗一覧

電話問い合わせ・店舗一覧

ページトップへ