名古屋市を中心に小牧市、豊川市など愛知県に複数店舗を展開。
最短9分~で修理可能!予約いらずの即日対応。iPhone修理はあいくるへ!

電話問い合わせ・店舗一覧

お役立ち情報

iCloudでのバックアップ方法

icloud1

iPhoneをはじめ、iPadやiPod touchなどiOS5.0以降からiCloudというクラウドサービスが搭載されています。
この機能は端末のデータをネット上に保存して、パソコンや各端末からアクセスできるサービスになります。
パソコンの無い人にとっては、唯一のバックアップ機能となります。また、パソコンを持っている人にとっても、外出先で主要なデータをバックアップ出来るのは、非常に便利な機能です。
もしiPhoneが故障してしまった場合でも、そこに保存しておいたデータをまた入れ直せば、ほぼ元通りになるという便利なものです。
バックアップ機能の他には、フォトストリームという写真共有サービスの他、専用のメールアドレスがあったりとなかなか便利なものになります。
故障が無い事に越した事はございませんが、iPhone修理が必要になりましたら是非ご活用下さい。

iPhoneのバックアップには2つの方法があります。
①iCloudを利用したネット上にバックアップする方法
②パソコン上にiTunesを使用しバックアップする方法

今回は①のiCloudを使用してバックアップする方法をご紹介します。
※iPhone修理サポート あいくるでは、修理をご依頼頂く前にデータのバックアップをお勧めしております。

「iTunes」と「iCloud」のバックアップの違い

iPhoneなどのデータを保存する場合は「iCloud」または「iTunes」を利用しますが、それぞれバックアップの方法や、そのバックアップ内容が異なります。

icloud iTune
バックアップの保存先 クラウドに保存 Mac、Windowsのパソコン
バックアップできる容量 最大1TB(5GBは無料) パソコンの空き容量
バックアップ方法 Wi-Fiを使用できればどこでも パソコンを使用
データの暗号化 常に暗号化 あり、なしを選択可能

特徴として、「iCloud」はWi-Fiが使える環境であればどこでもバックアップできること、
「iTunes」はMacまたはWindowsパソコンが利用できる環境であればバックアップできることが挙げられます。

バックアップ出来る物
iTunesバックアップでは、端末のほぼすべてのデータと設定情報がバックアップ可能です。

・カメラロールの写真と動画
・連絡先
・カレンダー、Safari、マップ、メモ、メールアカウント、通話履歴、メッセージ、ボイスメモなどのAppデータ
・ネットワーク設定
・iTunes StoreやApp Storeから入手したもの、iBooksに直接ダウンロードしたPDF ※1
・アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ ※2
・App Storeで購入したAppデータ
・Appの設定、環境設定、書類などのデータ
・App内で購入したもの
・ホーム画面とAppの配置
など

※1…iTunesで「購入した項目を転送」を使うとバックアップ可能です。
※2…iTunesでバックアップを暗号化すればバックアップ可能

注意するのは、別の種類のデバイスのバックアップから復元する場合は、「写真」「メッセージ、メッセージに添付したファイル」
「ボイスメモ」「設定しようとしているデバイスと互換性のないアプリ」は転送されません。

バックアップの暗号化に関して
iTunesのバックアップでは「バックアップの暗号化」があり、なしを選択することが出来ます。
バックアップの暗号化は通常のバックアップとは違い、「保存したパスワード」「Wi-Fi設定」「ウェブサイトの履歴」「ヘルスケアデータ」もバックアップできます。
そのほか、メッセージアプリ「LINE」のトーク履歴なども引き継げるようになります。

「バックアップの暗号化」を行うにはバックアップデータから復元する際に専用のパスワードが必要となります。
この専用のパスワードは、暗号化の解除にも利用します。

このパスワードを忘れてしまうと、バックアップを復元できなくなってしまうほか、
iPhoneのデータを消去して新しいデバイスとして設定するしか、バックアップの暗号化を解除する方法がないため、注意が必要です。
もし暗号化されたバックアップをとったあと、バックアップのパスワードを忘れてしまった際、iPhoneのデータの消去をしたくない場合は、
回避策としてiCloudバックアップでバックアップを作成・復元しましょう。

iCloudのバックアップ手順

①「設定」を押してください。

②「Wi-Fi」に接続していることを確認してください。iCoudはWi-Fiに接続しないと使えませんので、接続していない場合は、「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fiネットワークに接続してください。

③「iCloud」を押します。

④「Apple ID」と「パスワード」を入力して、「サインイン」を押してください。

⑤結合を押してください。

⑥「バックアップ」を押してください。

⑦「iCloudバックアップ」をオンにしてください。

⑧「今すぐバックアップを作成」を押し、バックアップが開始してください。バックアップを作成中と表示され、表示が消えるとバックアップの完了です。

バックアップすることは、万が一の事態への備えにもなります。
新しいiPhoneに乗り換えるときのデータ移行にも便利です。
よく、水没されたお客様がバックアップをしておらず、なくなくデータをあきらめるなんてこともあります。
日頃からバックアップをとる習慣をつけておきましょう。

電話問い合わせ・店舗一覧

電話問い合わせ・店舗一覧

ページトップへ