名古屋市を中心に小牧市、豊川市など愛知県に複数店舗を展開。
最短9分~で修理可能!予約いらずの即日対応。iPhone修理はあいくるへ!

電話問い合わせ・店舗一覧

修理メニュー

  • データ保持
  • あんしん保証

カメラ修理サービス内容

どのような時に修理が必要なのか

充電ができない

iphoneのカメラには本体背面側にあるアウトカメラ、本体正面にあるインカメラの2種類があります。カメラを起動したらフリーズして動かなくなった。アウトカメラからインカメラに切り替えようとしたらフリーズした。フォーカスが機能せずピントが合わない等の時はパーツ交換が必要になります。

カメラがフリーズした

カメラを起動した画面が固まった、シャッターが閉じたままになる、カメラを切り替えると動かなくなる等の場合、iphoneを一度再起動すると症状が改善される場合もあります。それでも症状が改善されない場合パーツ交換修理が必要になる場合があります。

ピントが合わない

写真を撮ろうとしたらピントが合わず写真がボケてしまう。この場合カメラ機能のオートフォーカスが故障している可能性があります。

黒い点やゴミが写り込む

カメラ内部に入った埃などが原因で大事な写真にそのまま写り込んでしまう。この場合表面を拭いただけでは消えるものでありません。カメラ自体を交換する必要があります。
決定的瞬間を撮り逃さないためにもiphoneのカメラは必須ですよね。少しでも違和感を感じた場合は、お気軽にお電話でご相談、または店舗へお持ち込みください。

修理前
修理後

<故障事例>カメラの起動ができない、撮影できない場合

iPhoneのカメラ機能を立ち上げても起動しない、立ち上げたけど画面が真っ黒で撮影できない、一部の画面しか表示されない場合はありませんか?
このような状態を放っておくと、せっかく見つけた貴重なシャッターチャンスを逃してしまい非常にもったいないです。
この事例の場合、iPhone本体をぶつけたり、落として強い衝撃を与えてしまったことが原因で内部のカメラモジュールが故障してしまった可能性があります。iPhone本体の再起動を行っても、正常に動作が改善されない際には部品交換など修理の必要性がございますのでご気軽にご相談ください。

<故障事例>レンズ部分にほこりやゴミが入ってしまった場合

撮影した写真にほこりやゴミなどが入っていて気になりませんか?
何枚写真をとっても、同じところにゴミがあってはせっかく取った写真が台無しになってしまいます。
この事例の場合、レンズに何か付着している際はレンズの表面からほこりを除去すれば、きれいな写真を撮影することができます。しかしながらレンズの部分を見てもほこりが見つからない場合、カメラレンズ内部にほこりが入り込んでいたりレンズ自体に傷がついていることがありますので修理する必要があります。
カメラのレンズは破損しやすい部品なので自分できれいに掃除しようとして、更にほこりや傷を付けてしまう場合もあるので、気になる点がありましたらご相談ください。

<故障事例>カメラのピントが合わない場合

iPhoneで写真を撮っているときにカメラのピントがどうやっても合わない場合はありませんか?
写真を撮ろうとしてもいつもぼやけてしまって良い写真を撮れない場合、カメラのオートフォーカス機能が故障している可能性があります。iPhoneは中心にあるものに自動でピントを合わせる機能(オートフォーカス機能)を持っているので、常にピントが合わない場合は修理を行わないとオートフォーカス機能は改善されません。ほとんどの場合はカメラ内部の部品の交換で改善されるのでご気軽にご相談ください。

<故障事例>カメラのレンズが割れてしまった場合

背面にあるカメラのレンズ自体が割れてしまったり、ひびが入っていませんか?
iPhoneのカメラは背面でむき出しになっているので、何かにぶつかった拍子にレンズが割れてしまうことがあります。そのような場合は修理店でのレンズ交換が可能です。レンズが割れているのを長期間放っておくと、カメラ内部にゴミやほこりが入りカメラ自体の機能が故障するため、カメラ自体の取り換えが必要になる場合がございますので、早めの修理をオススメします。

電話問い合わせ・店舗一覧

電話問い合わせ・店舗一覧

ページトップへ