名古屋市を中心に小牧市、豊川市など愛知県に複数店舗を展開。
最短9分~で修理可能!予約いらずの即日対応。iPhone修理はあいくるへ!

電話問い合わせ・店舗一覧

お役立ち情報

  • 画面が割れたままのiPhoneを使用するのは危険です!!

    • iPhoneが発売される度にガラスの強度はスペック上では上がっていますが、
      落として割れてしまう確率というのはあまり変化はございません。最近はiPhoneをはじめとしたスマートフォンのデザインが、本体ギリギリの部分まで画面があるものが増えて、それだけ画面の占める部分が多い為に本体に受けた衝撃がダイレクトに画面のガラス部分まで伝わり割れてしまうことが多いです。

      画面が割れたままiPhoneを使い続けていると、故障に繋がるリスクがあることをあなたはご存じでしょうか?
      私も一度画面割れは経験したことがあります。その経験を踏まえて今回は、iPhoneの画面が割れたまま使い続けると起こり得る3つのデメリットをまとめました。「別に使えるし直さなくてもよくない?」と思っている方は要チェック!

      1.液晶画面が映らなくなり操作不能になる。

      iPhoneの画面には映像を映し出す液晶や指の動作を感知するデジタイザーという部品が組み込まれています。
      画面が割れたまま使い続けているとこれらの部分にもダメージがいき画面が一切映らなくなることがあります。
      こうなってしまうと一切操作ができないため大切なデータのバックアップもとれなくなってしまいます。またタッチパネルが誤動作をおこし勝手に電話をかけてしまったり、勝手にパスコードの誤入力を何度もおこしiPhoneにロックがかかってしまいます。
      こうなってしまうとデータの取り出しは非常に難しく、iPhoneを初期化しなければなりません。

      Macro photo of an cell phone with broken display screen isolated on white
      Macro photo of an cell phone with broken display screen isolated on white

      2.ガラスが剥がれてきて内部パーツが露出する

      画面割れの度合いがひどい場合、表面のガラスが剥がれてきます。
      こうなってくると内部のパーツが露出することもあり更なる故障につながります。
      また、水が浸入しやすくなっているためちょっとしたことで水没してしまします。
      画面が割れただけなのに内部にまでダメージが行ってしまい動かなくなってしまうなんてことも。さらに、ガラス片が内部に侵入しバッテリーに刺さり、膨張や起動不良、最悪発火の原因にもなります。こうなってしまってはiPhoneだけではなく自分自身もケガをしてしまいます。
      ガラス割れを放置してしまうことによって様々な故障の原因に繋がってしまいますが、これらの不具合には早期の修理で対応する事が出来ます。

       

      broken mobile smartphone isolated on white background
      broken mobile smartphone isolated on white background

      3.ガラスの破片でケガをする。

      割れた画面をタップしたり、スライドさせると指を切る可能性があります。
      私たちも修理の際にガラス破片が刺さってしまうことがありますが非常に痛いです。また、iPhoneのガラスは割れてしまうと、とても細かくなります。
      その細かい破片が指先や衣服に付着し気づかないうちに口の中に入ってしまうかもしれません。
      寝ながらiPhoneをいじっていて粉末状のガラスが目の中に入ってしまうなんてことも。
      小さなお子さんや、赤ちゃんがいればより気を付けなくてはいけません。割れたiPhoneを放置することにより予期せぬ大惨事にも繋がりかねません。

      4.恥ずかしい。。。

      壊れたままのiPhoneを利用していると、人前でiPhoneを出すのが少し恥ずかしくなります。故障したまま利用をしているのは、ガサツに見られるのではないか、修理代をケチる人と思われるのではないかなど考え始めると、電車や外出先での利用がしにくくなる人もいます。また、人にiPhoneで保存した写真を見せる機会があっても、画面が割れていると見にくいため、人に見せるというような利用頻度も少なくなってしまいます。

      ガラス割れを放置してしまうことにより上記の様な二次被害が起こってきます。
      割れたiPhone、いつかは修理しなければいけません。
      そのため、修理するならば早めの修理をお勧め致します。

       

  • 再起動の方法とその効果

    • iPhoneというのはいわば、電話機能が付いたパソコンのようなものです。
      パソコンでも長時間使用していたりメモリを圧迫するような作業を続けていると画面が固まったり、動作が遅くなったりした経験はないでしょうか?
      それと同じでiPhone を使っていると「動作が遅い・動作が不安定・画面をオフにできなくなった」といったトラブルに見舞われることもしばしば。

      そんな時には「再起動」と「リセット」をお試しください。

      「再起動」

      「iPhoneの動作が遅くなった」「iPhoneの動作が不安定になった」
      などの時に再起動を試しましょう。

      電源ボタンを長押しします。

      画面に「スライドで電源オフ」というスライドバーが出ます。

      バーを右までスライドさせると電源がオフになります。

      再び電源ボタンを押すと Apple のロゴマークが表示され、iPhone の電源がオンに戻ります。

      リセット

      リセットは最終手段です。
      iPhone が何も操作を受け付けなくなった場合、リセットを試してみましょう。

      リセットの注意点
      通常の手順を踏まずに iPhone を強制的に再起動させるため、作業中のデータが消えてしまう恐れがあります。

      iPhone の電源ボタンとホームボタンを同時に押し続けます。Apple のロゴマークが表示されたら指を離しましょう。
      Appleのロゴマークが表示されたら指を離します。
      再起動3

      もしアプリが重いと感じたり動作がおかしいなと感じた方は上記の方法を試していただき快適なiPhoneライフをお過ごしください。

  • アップデート方法

    • Update icon

      iOSに限ったことではなくアプリやソフトウェアは不具合を修正し、新機能を取り入れるための修正・改善が続けられます。
      そして、修正版ができたら新バージョンとしてユーザーがダウンロードすることができるようになります。
      一般的に、ソフトウェアは新しいバージョンほど、様々な点が改善されています。
      バッテリーの持続時間の改善、システムの安定性の向上、wifi接続不具合の修正など今までもたくさんのバージョンアップが行われてきました。
      このため、最新のバージョンを使用するのがベストといえるでしょう。

      そのバージョンアップのやり方を簡単にお伝えします。

      事前にご確認ください

      1.アップデートには約20分~数時間かかる場合があります。
      2.バッテリーが十分に充電されている必要があります。

      ワイヤレスでアップデートする

      1. デバイスを電源に接続し、Wi-Fi でインターネットに接続します。
      2. 「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」の順にタップします。
      3. 「ダウンロードしてインストール」をタップします。
      iOS のアップデートに必要な容量が足りないため App を一時的に削除してもよいかを確認するメッセージが表示された場合は、「続ける」または「キャンセル」をタップします。ここで削除された App は後で再インストールされます。
      4. すぐにアップデートする場合は、「インストール」をタップします。または、「後で」をタップして、「夜間にインストール」または「後で通知」を選択します。
      5. パスコードの入力画面が表示された場合は、入力します。

      iTunes を使ってアップデートする

      1. コンピュータに最新バージョンの iTunes をインストールします。
      2.iPhoneをコンピュータに接続します。
      3. iTunes を開いてデバイスを選択します。
      4. 「概要」をクリックし、「アップデートを確認」をクリックします。
      5. 「ダウンロードしてアップデート」をクリックします。

      OSのアップデートを行うことで、システムが安定しWi-Fi接続など重要な機能が改善される場合も多くあります。
      最新の機能を快適に使うために新しいアップデートが来たら上記の方法を使い早めにアップデートすることをおすすめします。

  • iTunesでのバックアップ方法

    • iPhoneをiTunesでバックアップする方法をご紹介します。
      ※iPhone修理サポート あいくるでは、修理をご依頼頂く前にデータのバックアップをお勧めしております。

      事前確認

      パソコンの設定によっては、iPhone、 iPad をパソコンに接続すると同時に iTunes が起動します。
      その際、iTunes の「自動同期」の設定が有効になっていると iPhone、 iPad との同期が自動的に開始し、データが消えたり重複する可能性があります。
      iPhone、 iPad とパソコンを接続する前に、「自動同期」の設定が停止になっているかを必ず確認してください。

      ①iPhoneをバックアップする

      画面左上にある、iPhoneのボタンをクリックします。
      itunesバックアップ1

      画面左側の【概要】をクリックします。

      itunesバックアップ2

      画面の右側を下にスクロールし、バックアップ欄にある【このコンピュータ】を選択。
      itunesバックアップ3

      右側にある【今すぐバックアップ】をクリックしましょう。
      itunesバックアップ4

      バックアップが始まると、ウィンドウ上に進行状況が表示されます。

      ②バックアップデータを暗号化する。

      暗号化することで、以下のデータもバックアップできるようになります。
      iPhoneに保存したパスワード
      Wi-Fiの設定
      ウェブサイトの履歴
      ヘルスケアに関するデータ

      バックアップを暗号化する方法
      バックアップする前に【iPhoneのバックアップを暗号化】にチェックを入れます。
      itunesバックアップ5
      暗号化のためのパスワードを設定します。このパスワードを忘れるとバックアップからiPhoneにデータを復元できなくなるので、注意しましょう。
      itunesバックアップ6
      パスワードを設定するとiPhoneのバックアップが始まります。

  • iCloudでのバックアップ方法

    • icloud1

      iPhoneをiCloudでバックアップする方法をご紹介します。
      ※iPhone修理サポートあいくるでは、修理をご依頼頂く前にデータのバックアップをお勧めしております。

      iPhoneをはじめ、iPadやiPod touchなどiOS5.0以降からiCloudというクラウドサービスが搭載されています。
      この機能は端末のデータをネット上に保存して、パソコンや各端末からアクセスできるサービスになります。
      もしiPhoneが故障してしまった場合でも、そこに保存しておいたデータをまた入れ直せば、ほぼ元通りになるという便利なものです。
      バックアップ機能の他には、フォトストリームという写真共有サービスの他、専用のメールアドレスがあったりとなかなか便利なものになります。

      故障が無い事に越した事はございませんが、iPhone修理が必要になりましたら是非ご活用下さい。

      ①「設定」を押してください。

      ②「Wi-Fi」に接続していることを確認してください。iCoudはWi-Fiに接続しないと使えませんので、接続していない場合は、「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fiネットワークに接続してください。

      ③「iCloud」を押します。

      ④「Apple ID」と「パスワード」を入力して、「サインイン」を押してください。

      ⑤結合を押してください。

      ⑥「バックアップ」を押してください。

      ⑦「iCloudバックアップ」をオンにしてください。

      ⑧「今すぐバックアップを作成」を押し、バックアップが開始してください。バックアップを作成中と表示され、表示が消えるとバックアップの完了です。

  • 故障の原因 画面割れ

    • 1番多い原因としては落として割れてしまった。という落下が原因の場合がほとんどですが、男性の場合はポケットに入れていて、女性の場合はカバンに入れていて何処かにぶつけ気づかないうちに割れているなんていう場合もございます。また、車やバイクに轢かれてしまったなど稀なケースも。やはり、ケースに入れるのも一つの手ですが、最近では割れにくいガラスのフィルムが支流になってきています。今では様々なケース、フィルムが出てきていますのでこれらを組み合わせて使用するのをお勧め致します。自分だけは大丈夫と思わず、後悔する前に予期せぬ事態に備えておきましょう。

  • 故障の原因 ホームボタン

    • iPhone5sより指紋認証システム(Touch ID)が搭載されました。またiPhone6sではセンサーが強化され、指紋感知がさらに早くなり、より快適にロック解除が可能となるなど、その性能はさらに進化しました。
      iPhone5sまではドックコネクタにつながっていましたが、iphone6からは直接メイン基盤へとつながっています。
      故障原因としては、落下時の衝撃でホームボタンが破損してしまったり、水没でケーブルがショートしてしまいホームボタンが効かなくなってしまうことがあります。
      また、少し効きずらいからと言って強く押し込むというのを繰り返していると、ケーブル事態に負荷がかかり、最悪の場合断線し、使用できなくなります。さらに、指紋認証システムの関係で部品自体と本体のシリアルが紐付されています。そのため、部品交換後はTouchi ID機能が使用できなくなりiosのアップデートで動作が不安定になる場合があります。
      ホームボタンは使用頻度も高く重要な場所なので強く押さずにやさしく使用しましょう。

  • 故障の原因 カメラ

    • iphoneの中で必要不可欠なのがカメラ機能です。
      そんなカメラ機能ですが、意外と故障が多い箇所になります。
      カメラを起動すると固まってしまう、カメラの切り替え時にシャッターが閉じたままになってしまう。フォーカスが合わずピンボケしてしまうなど。落下などによりカメラ部品にダメージが行ってしまい故障することが多くあります。
      またカメラレンズに傷が入り写真に写りこんでしまうなどがあります。
      大切な1枚を残すにはiphoneのカメラ機能は必須ですね。気になることがあればなんでもご相談ください。

  • 故障の原因 ドッグコネクタ

    • ガラス割れの次に多い故障となるのがドックコネクタです。
      ほぼ毎日充電を行うため、何度もケーブルを抜き差しするかと思います。そのため、コネクタ部分の摩耗や破損など不具合を起こしやすい部品になります。また水や埃などの影響を受けやすい部品でもありますので、通常にご使用いただいていても故障をしてしまう事もあります。水濡れ等をしてしまうとドックの中にある基板にさびが出てきたり腐食してしまい充電器を挿しても読み込まなくなる事があります ポケットに入れる方などは埃などがつまりそのままショートしてしまうなんてこともあります。
      ドックコネクタは充電機能以外にも様々な役割をしています。
      ・通話時相手に声が伝わらない
      ・イヤフォンジャックが使えない
      ・スピーカーから音が出ない
      など
      iphoneを使用するうえで重要な機能が多くある部品になります。
      気になることがございましたらすぐにご相談ください。

  • 故障の原因 その他

    • スリープボタンが反応しない:iphoneを使用していると、カチッカチッと音がしなくなったり、ボタンを押した感覚が無くなったりし、徐々に反応が悪くなってきます。これは長年の使用による、スリープボタンの陥没が原因です。ボタンが効きずらいからといって、強く押すようになってくると劣化を進めてしまい悪循環です。

1 / 212
電話問い合わせ・店舗一覧

電話問い合わせ・店舗一覧

ページトップへ